夜見るテレビ

夜見るテレビ

夜中の番組で腹いっぱい笑って、「私これ好きだわぁ」と人にも話すのですが、それを録画して昼間見ても大して面白くなく、「どうしてなのかしら?」と不思議になることがあります。

オールナイトニッポンを中学高校と聴いていましたが、こっそり聴いていたので大声で笑うわけにもいかない。

笑いを堪えるのに必死でお腹が痛くなるほどでした。

それを録音して昼間聴いても、そこまで大笑いすることでもなく、「なんで笑ってたんだろう」と、それも不思議に思っていました。

でも、その録音を夜中に聴くと、また笑い転げる。

お気に入りのパーソナリティは、所ジョージさん、とんねるずさん、桑田佳祐さんだったでしょうかね。

今は全く聞かなくなったのでどうなってるのか知らないのですが、火曜日枠が好きだったんですね、私。

土曜日の鶴光さんは、ちょっと「やらしいなぁ」と、当時はついていけなかったですが、先日カセットテープが出てきて再生すると、お決まりの「にゅ?と?のいろは?」

これでそれなりに笑ってしまいました。

今聴いてみると、人気があった理由がわかります。

面白いわ、鶴光さんのオールナイトニッポン。

真夜中が似合うお気に入りの芸人さんは、さまぁ?ず。

なんとなくダラダラ見ていて幸せになる番組づくりは、さまぁ?ずが絶妙だと。

一生懸命が前に出てなくて、脱力気味がほんと、真夜中にピッタリだと思うのです。

ホットミルクに砂糖を入れて、柿の種と一緒に食べながら見るテレビですかね、寝っ転がって。

そのままいつの間にか寝ても、あまりもったいなくないというか。

吉本の芸人さんは好きなのですが、観る方も体力は必要というか、面白いけど疲れちゃうってことがあるんですよ。

さんまさんの番組も、面白いのだけど疲れちゃう。

3時間特番だったりすると、もうヘトヘトです.

なぁんにも考えずにぼさぁ?っとゆる?く笑いたいのです。

さまぁ?ずの、終わっちゃったけど「げりらっパ」これ面白かったなぁ。。。

「モヤモヤさまぁ?ず」「さまぁ?ず×さまぁ?ず」これ、ほんっとゆるゆるでいいんだわぁ。

昼間見ると。。。なんちゃないのですが。

いまの一番のお気に入りはBeeTVの「トゥルルさまぁ?ず」秀逸です。

このせいで、私の携帯電話は二本立てです。。。

脱毛 銀座

古代エジプトの神々

古代エジプトは多神教であり、さまざまな神がいました。

有名なのが太陽神ラーです。

後にアメン神やホルス神などがこのラー神と一体化しました。

鷹または鷲のような頭を持ち、身体は人間の身体をしています。

太陽神にして朝日の化身といわれた神がケペリ神です。

再生をあらわすスカラベ(フンコロガシ)の頭を持ち、身体は人間の身体をしています。

ラーの娘であり正義と真実の女神がマアト女神です。

頭には羽根飾り、両手には羽をいただいています。

豊穣の神にして死後の世界の王であるオシリス神は厳格な神です。

真実を見通す目を持っています。

冠の両側にはマアト女神の羽があります。

最後の審判をする神で、心臓をマアト女神と天秤にかけ、釣り合わなければ死者の心臓はアメミトという怪物に食べられてしまいます。

アメミトはワニの顔を持ち、獅子の身体を持つ怪物です。

オシリス神の妹であり妻であるイシス女神はオシリス神のばらばらになった身体をつなぎ合わせ、呪術でホルス神を身ごもります。

頭の上に玉座を携える女神です。

オシリス神の後ろに控えています

そのイシス女神の息子がホルス神です。

ハヤブサの姿をした神です。

右目は太陽、左目は月とされていました。

天地創造神であるアメン神。

テーベの主神でありのちにラー神と一体化します。

頭には特徴的な冠をいただき、肌は青い色をしています。

嵐の神にして王の武器の主人であるセト神。

オシリス神の弟であり、犬のような風貌をしています。

ミイラをつくる墓の守り神はアヌビス神です。

ちょっと怖い神です。

山犬の姿をしていて色黒の肌をしています。

ミイラを作るだけあって死者に密接に関わっています。

闇を見通す猫の姿の女神はバステト女神。

猫に化身したラー神が大蛇を倒すという話があるほど猫は神聖な動物でした。

猫の頭を持つ女神です。

ヒエログリフを作った知恵の神がトト神です。

アフリカ・クロトキの頭を持ち両手にはパピルスと筆を持っています。

このように古代エジプトにはさまざまな神がいました。

それぞれの役割によって神が分かれている感じです。

女神は妹であり妻という女神が多いのは、王家の婚姻が兄妹同士で行われることが多かったことの反映ですね。

神の歴史は王家の歴史ともいえます。

新型アウディA1